Going my way

【読書】【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読んで。

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読みました。

『人を動かす』と同様にベストセラーなだけあって、本質を捉えた良い本です。
人は誰でも生きていれば色々と悩むことがあると思います。

その「悩む」ことについての本質が書かれています。

悩んでいる内容によって、その悩みが解決されるような内容の本を手に取って読む人も多いと思いますが、
もしこの本を読んだことが無い人であれば是非この本も併せて読んでみて欲しいと思います。

何かに悩んだ際にはこの本を全部では無く、部分的にでも良いので読んで思い出して、悩みを軽くしてみるといいです。
人間の本質は変わらないので生きて行く中でいつもそばに置いていても良い本です。

持ち運びにも便利な文庫版がオススメです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2018 All Rights Reserved.