読書

【読書】【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読んで。

投稿日:2018年9月17日 更新日:

【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読みました。

『人を動かす』と同様にベストセラーなだけあって、本質を捉えた良い本です。
人は誰でも生きていれば色々と悩むことがあると思います。

その「悩む」ことについての本質が書かれています。

悩んでいる内容によって、その悩みが解決されるような内容の本を手に取って読む人も多いと思いますが、
もしこの本を読んだことが無い人であれば是非この本も併せて読んでみて欲しいと思います。

何かに悩んだ際にはこの本を全部では無く、部分的にでも良いので読んで思い出して、悩みを軽くしてみるといいです。
人間の本質は変わらないので生きて行く中でいつもそばに置いていても良い本です。

持ち運びにも便利な文庫版がオススメです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『うまくいったやり方から捨てなさい』椎原崇(サンマーク出版)を読んで。自己肯定感を高めてなりたい自分になる。人生を楽しむヒントがあります!

    『うまくいったやり方から捨てなさい』椎原崇(サンマーク出版)を読みました。 サンマーク出版の本はとても気軽に読めて、ヒントも分かり易い本が比較的多いような気がします。 この …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』三戸政和を読んで

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』を読みました。 金持ち父さんでも学んだ通り、株・不動産・ビジネスの3つが自分を経済的自由に導くために 必要だと常日頃考えてサラリーマンをやっており、 …

【読書】『頭に来てもアホとは戦うな!』田村耕太郎を読んで。現代版・孫子の兵法。生活、仕事に怒りを感じている人が読むと良い本です。逆に平和な心が保てている人には合わない本かも知れません。より豊かな価値観への昇華を期待。

    『頭に来てもアホとは戦うな!』田村耕太郎を読みました。 怒りをパワーに変えたい人が読む本です。 結論を言うと、個人的には日々とても平和な生活を送れていて、他人に怒りを感じる …

【読書】『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために知っておきたいお金の真実』ロバート・キヨサキ(筑摩書房)を読んで。経済的自由を望むならやっぱり金持ち父さん!

10年前くらいに金持ち父さんの本に出会って投資にハマりました。 金持ち父さん、貧乏父さんはお金の知識として必読、入門的な本です。 その続編、『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細