読書

【読書】【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読んで。

投稿日:2018年9月17日 更新日:

【文庫版】『道は開ける』D・カーネギー(香山晶【訳】)を読みました。

『人を動かす』と同様にベストセラーなだけあって、本質を捉えた良い本です。
人は誰でも生きていれば色々と悩むことがあると思います。

その「悩む」ことについての本質が書かれています。

悩んでいる内容によって、その悩みが解決されるような内容の本を手に取って読む人も多いと思いますが、
もしこの本を読んだことが無い人であれば是非この本も併せて読んでみて欲しいと思います。

何かに悩んだ際にはこの本を全部では無く、部分的にでも良いので読んで思い出して、悩みを軽くしてみるといいです。
人間の本質は変わらないので生きて行く中でいつもそばに置いていても良い本です。

持ち運びにも便利な文庫版がオススメです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】【文庫版】『人を動かす』D・カーネギー(山口博【訳】)を読んで。

【文庫版】『人を動かす』D・カーネギー(山口博【訳】)を読みました。 ベストセラーだけあって、どんなビジネス書にも通ずる本質が書かれています。 内容は時代を超えて間違いないです。 人間社会で生きている …

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。 経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。 単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。 最大の …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『タビトモ クアラルンプール マレーシア』(JTBパブリック)を読んで。マレーシアの中でもクアラルンプールに特化していてクアラルンプールに初めて行く人にはとっても分かりやすいガイドブックです!

JTBパブリック社から出ているタビトモ、クアラルンプールを読みました。 マレーシアでもクアラルンプールに特化したガイドブックなので、ピンポイントでクアラルンプールに行く人にはとっても分かりやすい本にな …

【読書】『サーファーになる本、クラシックロングボード 編』(エイ出版社)を読んで。これからシングルフィンのクラシックロングボード を始める人にオススメの教科書!!

サーファーになる本、クラシックロングボード 編を読みました。 ありそうでなかったシングルフィンのクラシックロングボード だけの教科書。 中高年からサーフィンを始めるにはショートボードはなかなか大変。 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細