読書

【読書】『BtoBビジネスのデジタルマーケティング』中田義将(幻冬社)を読んで。これからの営業に必要、必須なことを学べます。今時、気合いと根性だけでは営業の生産性は上がらないです。

投稿日:2019年2月8日 更新日:

 

 

気合いと根性。

数打ちゃ当たる的な営業。

そんな時代から、既に状況はかなり変わっています。

足で稼ぐ営業以外にも、営業の生産性を上げるには必要なことがあると気付かせてくれます。

売る側ではなく、買う側の気持ちにちゃんとなってみれば、簡単に分かること。

今時、消費者はどんな行動を取っているのか?

どうすることで効率的に営業の生産性を高められるか?

そんなことを今までの一般的な『営業』とまた違った視点で教えてもらえる本です。

人とデジタル。

両方の営業力を高めることで、生産性が飛躍的に上がるきっかけがありそうです。

今時、営業トークや心構えの本だけ読んでいても大きな成果は出ないのだと、痛感出来ます。

昔ながらの営業ばかりしてきた人にはなかなか理解が出来ない、難しいと感じると思います。

こういうのは、営業が出来る、やってきた人、とそうでは無いけどデジタルに強くて、興味関心が持てる、ニュートラルな経験値の人が融合して考えると成果が出そうだなとも感じました。

BtoBビジネスのデジタルマーケティング、こういう考え方があるということを認識するだけでも生産性を上げる一歩前進に繋がりそうです。

古い考えの自分にはちょっと難しかったですが、とても必要な部分だということは良く分かることが出来た本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】致知2020年3月号を読んで。全ての根底に人間力!

致知の年間購読を初めて早1年。 毎月、人として大切なことに気が付かさせてもらえます。 他にはなかなか無い、人間力を高める本です。 先ず、特集のタイトルからして気付きがある。 今月号の『意志あるところに …

【読書】『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット(訳:神崎朗子)を読んで

『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました。 もう4回は読んでいます。 はじめに読んでみようと思ったきっかけは、就職して結婚して子供が生まれて。。。 仕事上の立場が上がって子供も増えて大きくな …

【読書】『琥珀の夢(上下巻)』伊集院静を読んで。小説、鳥井信治郎。サントリーのルーツって凄い!

『琥珀の夢(上下巻)』を読みました。 サントリー創業のルーツが知れる本です。 サントリーという日本が誇れる素晴らしいグローバル企業を一人の男が作ったかと思うと凄いの一言です。 鳥井信治郎の「やってみな …

【読書】『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んで。正直、子供向けか大人向けかが微妙でした。。。

『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んでみました。 子供の教育のためと思って買った本ですが、正直な感想はおすすめ度は低め。 なぜかと言うと、内容が当たり前 …

【読書】『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読んで。女性向きの本ですが男性にもヒントになります。料理のしない人はレシピは飛ばしちゃいますが。。。食事は大切。

『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読みました。 比較的分厚い本で女性向きな内容ですが、男性にも健康へのヒントがあります。 ただ、読んだ率直な感想としては前置 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細