読書

【読書】『1日3食をやめなさい』内海聡(あさ出版)を読んで。食べる物よりも、食べない物に注意した方が良いと分かりました。口に入れる量を減らして健康を取り戻そうと考えを改めました。

投稿日:2019年2月21日 更新日:

 

 

『1日3食をやめなさい』内海聡(あさ出版)を読みました。

年と共に高まる健康意識。

若い頃、年上の先輩方が良く健康の話をしていた訳が分かるようになってきました。

年と共に体も変化していきますので、その今までと違うことに対して不安や不具合が増えていきます、それが大人になっていくことなのでしょう。

ただ、悪い話ばかりでは無くて、健康について考えること、取り組むことって、結構楽しいなとも思います。

そんな時に手に取ったのがこの本です。

睡眠、食事、運動の3本柱で健康を考える中での『食事』。

今までは『何を食べるか』を考えていました、健康に良い食べ物は何だろう、それを毎日食べるようにしようと。

でもこの本で新しいステージに行くことが出来ました、『何を食べないか』と言う引き算の発想です。

この本の中で食べることで人間の体に害となるものが多数紹介されています。

何を食べたらいいのだろう?って悲観的になるくらいに色々書いてありますが、とても参考になります。

現代は危ない食べ物が溢れています、だから食べる量を減らすこと自体がリスクヘッジにもなると言うことです。

そもそも現代の人は食べ過ぎで健康を壊していることが多いと知ることが出来ました。

『健康に良いものを食べる』、『栄養のあるものをしっかり食べる』、そんな足し算の発想が中心の方に特に読んで貰いたい本です。

似た方向性のことを書いている『デキる男は超少食』と言う本と合わせて読むとより分かり易いと思います。

食事という健康に大切な習慣を、足し算では無く、引き算で考える。

とても大切なことに気付かせて貰えました。

是非一読をおすすめです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『新版 光明の生活法』谷口雅春(日本教文社)を読んで。父からの贈り物。

2003年12月23日、父が自分に送ってくれた本。 大切な部分にはマーカーで印が付いていました。 自分が生まれた年に独立して、子供3人を何不自由無く育ててくれた父。 とても厳しい父と思っていましたが、 …

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

【読書】『初めてのサーフィン』(株)H.L.N.A(成美堂出版)とても優しく詳しく説明されて初心者向け○

『初めてのサーフィン』その名の通りの内容です。 一般的にショートボードをイメージした内容ですが、サーフィンに必要な知識が網羅的に説明されていて初心者向けに分かり易くておすすめ。  

致知6月号。読み始めて2ヵ月目。人間学を学びます。

致知の年間定期購読を初めて2ヵ月目。 2冊目となる6月号が送られてきました。 思った以上に内容が濃く、ボリュームがありますので、隙間時間を重ねて読み進めようと思います。 今月も人間学を学ぼう。

【読書】『移動力』長倉顕太(すばる舎)を読んで。この本で自分が変わり始めました。

『移動力』長倉顕太(すばる舎)を読みました。 この本がきっかけで自分が変わり始めました。 明らかに自分自身で分かるくらいに変わり始めました。 読んで本当に良かったです。 この本との出会いは、いつも立ち …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細