読書

【読書】『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』福島文二郎を読んで。

投稿日:2018年9月9日 更新日:

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』を読みました。

『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』とセットで読みましたが、
ディズニー本の方がもっと細かく具体的、リアルな現場という感じです。

人は経験で変わる、育つ。という前提で物事を考えている点はとても興味深かったです。

また、リッツ・カールトンと共通する部分として、外面ばかりではダメということが
当たり前の哲学として書かれていてビジネスとしても、人としてと同様に本質なんだなぁと思いました。

一緒に何かを作り上げて、価値を提供する『仲間』に対してどの様な態度、考え方で常日頃接しているか?
短期的に自分のことばかり考えて、個人の繁栄ばかりの視野になっていませんか?

共存共栄、三方良し、など自分だけではなくて、内部・外部問わず関わる人全ての幸福を目指すべき。
結果としてそれが自分個人としても最大幸福になる。

ディズニーという超有名な場所での話で興味深く読めますし、ビジネスとして人を育てる考え方のヒントがたくさんあります。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』冨山和彦を読んで。

『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』を読みました。 この本は会社のトップから頂きました。 社長から個人的に頂けるなんて有難い限りです。 内容はと言いますと、課長クラスの …

【読書】『これからの時代のお金に強い人、弱い人』サチン・チョードリーを読んで

『これからの時代のお金に強い人、弱い人』を読みました。 マネー系の自己啓発本をほとんど読んでいない方には参考になる本だと思います。同系列の本に書かれているようなことが一通り分かり易く書いてあります。 …

【読書】『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』P.F.ドラッカーを読んで。

『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』を読みました。 この本を読んだきっかけは『もしドラ』を読んだ事です。 時代を全く感じさせない本質が書かれていてベストセラー納得の一冊です。 本棚に常備し …

【読書】『スタンフォード式、疲れない体』山田知生を読んで。日本人の皆さん「疲れ」について真剣に理解しましょう!気合いと根性だけはもう止めよう!!

『スタンフォード式、疲れない体』山田知生を読みました。 スポーツ選手を中心として様々な角度から総合的に『疲れ』に関して教えてくれる本です。 勿論、一般の人でも役に立ちます。 ズバリと心に刺さる本と言う …

【読書】『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読んで。子供が読むよりも子育てパパママが読む本。

『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読みました。 子供達の将来のことを考えたら、お金の勉強も積極的にして欲しいなと思う今日この頃。 そんな時にこの本を見 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細