読書

【読書】『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』福島文二郎を読んで。

投稿日:2018年9月9日 更新日:

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』を読みました。

『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』とセットで読みましたが、
ディズニー本の方がもっと細かく具体的、リアルな現場という感じです。

人は経験で変わる、育つ。という前提で物事を考えている点はとても興味深かったです。

また、リッツ・カールトンと共通する部分として、外面ばかりではダメということが
当たり前の哲学として書かれていてビジネスとしても、人としてと同様に本質なんだなぁと思いました。

一緒に何かを作り上げて、価値を提供する『仲間』に対してどの様な態度、考え方で常日頃接しているか?
短期的に自分のことばかり考えて、個人の繁栄ばかりの視野になっていませんか?

共存共栄、三方良し、など自分だけではなくて、内部・外部問わず関わる人全ての幸福を目指すべき。
結果としてそれが自分個人としても最大幸福になる。

ディズニーという超有名な場所での話で興味深く読めますし、ビジネスとして人を育てる考え方のヒントがたくさんあります。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『残業の9割はいらない、ヤフーが実践する幸せな働き方』本間浩輔を読んで

『残業の9割はいらない、ヤフーが実践する幸せな働き方』を読みました。 将来の働き方についてとても参考になります。 今では流行語のように働き方改革と良く耳にしますが、その本当の意味・目的は? 本当にその …

【読書】『日本進化論』落合陽一(SB新書)を読んで。落合陽一さんの本を初めて読みました、年下なのに賢過ぎる。価値観と先見性に納得。でも自分はまだ理解が追い付かない。

    『日本進化論』落合陽一(SB新書)を読みました。 落合陽一さんの本は初めてです。 評判通り、こんなに若い方なのに面白い価値観と先見性を持っている。 賢くない自分には正直、難 …

【読書】『何を捨て何を残すかで人生は決まる』本田直之を読んで

『何を捨て何を残すかで人生が決まる』を読みました。 持たない生き方の提案。自分らしい生き方ってなんだろう、と考えさせてくれます。 私は通勤の遠い都内勤務のサラリーマンを10年弱やっているなかで、ずっと …

【読書】致知2020年2月号。生きるヒントここにあり!

人として生きるヒントがこの月刊紙に詰まっています。 どこに影響を受けるか、どこにヒントを見出すかは、その人それぞれ。 同じ人が読んでも悩んでいることや頑張っていることが違えば、また違った記事が心に刺さ …

【読書】『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット(訳:神崎朗子)を読んで

『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました。 もう4回は読んでいます。 はじめに読んでみようと思ったきっかけは、就職して結婚して子供が生まれて。。。 仕事上の立場が上がって子供も増えて大きくな …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細