読書

【読書】『1分で話せ』伊藤羊一を読んで。コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なこと。ロジカルだけでは伝わらない、人は動かない!グロービスのピラミッドスクラクチャー+実践現場力で伝える。

投稿日:2018年11月28日 更新日:

『1分で話せ』伊藤羊一を読みました。

人に伝える、人に伝えて動いてもらう。

コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なことが書かれています。

著者はヤフーアカデミア学長、グロービス教授などの肩書きがあって、ロジカルな考え方の本かな、と思いましたが、むしろロジカルなだけでは伝えられない大切なポイントが多く記されています。

現場での実戦では正しいことを言っても人に伝わらないことって多々ありますよね?

この本は実戦的な目線で、ロジカルだけでは無くて一言に思いを込めて相手に伝える、動いてもらう大切なことを著者の実体験を元に教えてくれます。

1回読んだだけで出来るようになるような簡単なことではないですが、繰り返し読んで気になったポイントを実戦で繰り返しトライして身に付けると良いと思います。

人に物事を伝えて、動いてもらうためにはそれなりの準備が必要だと気付かせてくれる本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

致知9月号、月一冊の学び。

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。 自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。 そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入っ …

【読書】『こころのえ?ほん お金があれば幸せなの?』大野正人(汐文社)を読んで。子供も大人もお金について学んだ方が良い!

こんな本を娘が小学校で借りてきました。 『こころのえ?ほん お金があれば幸せなの?』大野正人(汐文社)。 読んだらとっても良い内容でした。 子供にも分かりやすくて、大人にも心に刺さる内容。 とってもシ …

【読書】『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読んで。本当にコミュニケーションが苦手な人向けに丁寧な本。

『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読みました。 正直、読み切るのに時間がかかりました。 新書サイズで厚さもそんなにないのに、なかなか読み切れないくらいの中身です。 営業畑にいてコミュニケー …

【読書】『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読んで。女性向きの本ですが男性にもヒントになります。料理のしない人はレシピは飛ばしちゃいますが。。。食事は大切。

『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読みました。 比較的分厚い本で女性向きな内容ですが、男性にも健康へのヒントがあります。 ただ、読んだ率直な感想としては前置 …

【読書】『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』桑原晃弥を読んで。

『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』を読みました。 株式投資を始めてから初めて知ったウォーレン・バフェット氏。 とても有名らしいのでどの様な人物かを知りたくて最 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細