Going my way

【読書】『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』中村恒子を読んで。

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』を読みました。

89歳、精神科医の仕事を初めて70年近くになる方の本です。

会社、家庭、それぞれ色々な仕事・役割に疲れたときに手に取ると良い本です。

流石に70年間も仕事を続けて、今尚周囲から必要とされている人の話は説得力があります。
ただ、関西弁口調で書かれていることが関東人の私には少し読み辛いと感じました。

人に振り回されっぱなしの人生に疲れたとき、『自分らしさ』を取り戻させてくれる内容です。
自分らしく生きていいんだ、と考え直すきっかけになると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2018 All Rights Reserved.