読書

【読書】『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』中村恒子を読んで。

投稿日:2018年9月16日 更新日:

『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』を読みました。

89歳、精神科医の仕事を初めて70年近くになる方の本です。

会社、家庭、それぞれ色々な仕事・役割に疲れたときに手に取ると良い本です。

流石に70年間も仕事を続けて、今尚周囲から必要とされている人の話は説得力があります。
ただ、関西弁口調で書かれていることが関東人の私には少し読み辛いと感じました。

人に振り回されっぱなしの人生に疲れたとき、『自分らしさ』を取り戻させてくれる内容です。
自分らしく生きていいんだ、と考え直すきっかけになると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】致知11月号、今月も人間力を高めるヒントを頂きました!!

年間購読をしている『致知』という月刊紙。 他の読み物には無い、人間力を高めるヒントばかりの月刊紙です。 日に日に変化する時代に、一旦立ち止まって、物事を考えるために必要な読み物だと感じています。 様々 …

【読書】『1分で話せ』伊藤羊一を読んで。コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なこと。ロジカルだけでは伝わらない、人は動かない!グロービスのピラミッドスクラクチャー+実践現場力で伝える。

『1分で話せ』伊藤羊一を読みました。 人に伝える、人に伝えて動いてもらう。 コミュニケーションで相手に動いてもらうために必要なことが書かれています。 著者はヤフーアカデミア学長、グロービス教授などの肩 …

【読書】『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志を読んで。

立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読んだ次の日にMacbookを買って、書いてある通りにブログを始めました。 何かしらの理由で『今の自分を変えたい』、『 …

【読書】『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読んで。ビートたけしさんはやっぱり動きがある方が良いです。違う意味でさみしい感じがしました。ひょうきん族とか懐かしいなぁ、昔の番組をまた見たくなる。

    『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読みました。 子供の頃からテレビでよく見ていて、とても好きなビートたけしさん。 『オレたちひょうきん族』、『天才・たけしの …

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。 東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。 この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。 そのボタンはマレ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細