★教育

『足るを知る』べき!身の程をわきまえて、むやみに不満を持たない。

投稿日:

『足るを知る』身の程をわきまえて、むやみに不満を持たない。

老子のお言葉。

厳密に読み解くともっと深い意味があるとの見解もありますが、今回はそのままの意味として理解。

教育の原点として『足るを知る』ことがとても大切。

そもそもの考え方として身の程をわきまえることを忘れてしまうと、全ての教育が台無し、または無意味になってしまう可能性が高まります。

人の成長はその場、その時に実感出来ません。

あとあと振り返ったとき、自分は成長したんだと気がつく時が来るだけです。

さらに言うと日々成長している人は自分が成長していることすら振り返りません。

そんな暇なく成長しているので、結果として成長しているかどうかなんて気にする必要がないからです。

そう成長のサイクルが自然と繰り返されていくために、原点として足るを知ることをしっかりと理解することがとても大切です。

考え方、心の持ち方一つで物事の見え方が変わるから大切なのです。

20万円のお給料をもらって喜んでいた若い頃は20万円もらって満足、なのに5年、10年、20年と仕事を続けているうちにサラリーマンだと特に25万円、30万円では不平不満を言う人がたくさんいます。

その分、それだけ利益貢献しているかと言うとそうでもなかったりすることが多い。

それに世の中の社会情勢が変わっているので、一律で給料が上がることも当たり前ではありませんし、毎月給料がもらえていること自体が当たり前ではないのです。

社会情勢、経営状況に振り回されずに安定して給料がもらえていること自体がありがたいことにも関わらず、気がつけば不平不満が漏れ始めるのです。

足るを知らなくなってしまっているんです。

この状態で何か教育をしようとしても、すんなりと理解が出来ません。

そんな教育いらないから金をくれ、もっと実践的で現実的、そして即効性のある話をしてくれとなりがちです。

世の中の原理原則はあるもので、そんな近道はありません。

原理原則に沿って物事は当たり前のように成り立っているだけなのです。

それに段々と気がつかなくなってしまいます、見えなくなってしまって、表面上のことしか視界に入らない、理解出来なくなる、これがとても恐ろしい状態。

大切な子供、後輩、人を育てる上で大切なことは考え方の基本ベースとして『足るを知る』ことをどれだけ理解してもらえるかです。

ひょっとしたらここが一番難しいかも知れません。

自分は経験をしたことがありませんが、戦争でも起こってしまえばみんな急に『足るを知る』を感じ始めるでしょう。

平和である、命の危険を感じずに生きていけること自体がとてもありがたいのです。

平和で健康、それ以上の贅沢は無いんです。

平和と健康があってこそ次の贅沢なんです。

自分も常に意識しながら、他者にも伝える、『足るを知る』ことは各々が幸せになる原点の考え方です。

『足るを知る』の理解を深めてから学ぶことが大切。

トップの写真はうんち君。

健康なうんちが安心して気持ちよくスッキリ出るだけでもありがたや。

-★教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナで変わる世界、今こそ自分らしく生きるチャンス!!

新型コロナウィルスの影響で世の中が大きく変わった。 初めは不安ばかりで心身ともに窮屈でしんどいものだったけれど、人間ってすごいなと思うくらいに1年もすれば適応し始めている。 慣れてしまう。 勿論、健康 …

焦らない、焦らない、信じて待つ!人事を尽くして天明を待つ。

思うような結果が出ない、人よりも遅れている、人よりも劣っている、そんなことで焦ることもある。 でも、焦る必要はない。 健全な危機感を持つことは必要だけれど、焦ってしまい、今やるべきことを見失ってはいけ …

言い方、伝え方って大切。伝わってこそ意味があって、気持ちが上がることで実現される。

言い方、伝え方って本当に大切だと思う。 日々反省。 いかに感情的にならずに丁寧な言葉を使うか、どうやって丁寧に伝えるか、かと言ってちゃんと実現されるように伝えなければ言うこと自体がもはや意味が無い。 …

2020年初日の出&初富士山!!やりたいことから逃げない、どんな1年になることやら。

2020年初日の出と初富士山を拝みました。 よくある今年の抱負。 みんな1年後にも覚えているのかなぁ? 自分は覚えていません。 なぜなら未来ばかり見ているから。 とでも言いましょうか、ただの気分屋さん …

no image

余命僅かになっても後悔が無い日々の過ごし方。健康な今だからこそ、ちゃんと考えて行動、決断した方が良い。

昨日たまたま本屋さんで手に取った本に書かれていたこと。 何年か前に別の本でも同じような内容を読んだことがあります。 それは、余命僅かになった時に何をしておけば良かったかと言う質問。 本当に余命僅かにな …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細