★教育

『褒める』と『認める』の使い分け。褒めるよりも認める方が次に繋がる場面もある。承認欲求スイッチを押す!

投稿日:2018年9月27日 更新日:

教育で良く『褒めて伸ばす』と良く言われますが、『褒める』と似ている『認める』も意識して使い分けることが大切だと思います。

人は基本的に他者から認められたいと言う承認欲求があります。

心から本音で『褒める』と相手は満たされて良い気分になります、間接的に自分を認められて自分に自信を持てるようになる。褒める方が幅広いタイミングでフランクに使える感じ。

似ていますが『認める』は相手のやっていること、生き方を肯定すること。
強い同意、強い共感が入っていると思います。

それが入っていると何が違うかと言うと次に繋がる馬力が変わってくるのでは無いかなぁと思っています。
相手から強く承認してもらうことで、自分の自信に繋がり、自分の生き方が合っているのだと思ってもっとやるようになります。

なので、平和に繋がるような部分を繰り返し『認める』のです。

『可愛いね』、『格好いいね』、『凄いね』、『偉いね』と褒める場面と『いつも笑顔なのがとても良いと思う』、『誰にでも優しく出来ることが素晴らしいと思う』などと具体的に相手の部分を承認する場面と使い分ける。

具体的に自分の生き方を承認されることはとても嬉しい、だからまたやろうと思う。

褒めることは簡単にやりすぎると天狗になって勘違いの方向に行ってしまうことがある。
なので『褒める』と『認める』を上手く使い分けることで平和の種が仕込めると思います。

自分の生き方を認められたらシンプルに嬉しいですよね?

-★教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学校6年生、なぜ言うことを聞かない?ふてくされる?理不尽・傲慢に思える時、子供の気持ち。

小学6年生くらいになってくるとそれなりに自己主張もしっかりして来て、理不尽なくらいに傲慢になったりすることが出て来ます。 親、大人としては正当な対応をしているはずなのに、言うことを全く聞かなかったり、 …

no image

傾聴力!先ずは自分が満たされていることが必要。

人とのコミュニケーションスキルを上げたい、他者の自己肯定感を少しでも高めたい、そう思って傾聴力を高めようと試みます。 意識してやってみようとすると、意外と難しい。 傾聴ってただ親身になってよく聞くだけ …

no image

子育ての教育とは手放すこと!

何で子育てするの? 何で教育するの?? その子育て、教育のゴールは??? よく分からないままにスタートしているケースってありませんか? 子供が4人になった今を振り返ると考える余裕が出てきます。 最終目 …

人生で一番価値のあることは『時間』!!時間は全世界全人類が今のところ平等に所有している財産。

父ちゃんは母ちゃんとよくお茶しに行く。 いろんなところへお茶をしに行く。 母ちゃんとカフェ巡りをすることがとっても好きな時間。 まだみんな小学生以下だけど、知っているよね。 よく留守番してもらって、そ …

心穏やかに過ごす。やっぱり平和が一番!

人生生きていればいろんな経験をする。 そんな中で大切にして欲しいこと。 心穏やかに過ごすこと。 どんなに偉くなっても、どんなにお金持ちになっても、どんなに人気者になっても、自分自身の心が穏やかに過ごせ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細