読書

【読書】『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読んで。女性向きの本ですが男性にもヒントになります。料理のしない人はレシピは飛ばしちゃいますが。。。食事は大切。

投稿日:2018年11月9日 更新日:

『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読みました。

比較的分厚い本で女性向きな内容ですが、男性にも健康へのヒントがあります。

ただ、読んだ率直な感想としては前置きが長い。。。

なかなか本題に入らなくて少しもどかしいです。

それと『ファブ・フォー』というキーワードが多用され過ぎていてしつこい印象です。

あとは料理・スムージーのレシピが多数掲載されていますのでこういった料理が好きな方にはとても活用・参考になると思います。

私は全く料理をしないので完全に読み飛ばしました。。。

料理をしない方や、男性にも参考になる部分は多数ありますので、注意深く読むところとさらっと読み飛ばすところと上手く分けると読み易いかも知れません。

体調が優れない、気分がもやもやする、そんな女性が読むと良い本では無いかと感じました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『勝ち続ける理由』原晋を読んで。結果を出すチーム作りのヒントはここにあり!

『勝ち続ける理由』を読みました。 チームで結果を出す秘訣、ヒントがたくさん書かれています。 青山学院がなぜ強いのか?なぜ勝てるのか?なぜ勝ち続けられるのか? これを読むと納得出来ます。 難しいビジネス …

【読書】『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読んで。今の自分に良い危機感を気付かせてもらえます!今の自分の常識は本当に常識か!?って。前書『移動力』とセットで読むことがおすすめ!

『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読みました。 長倉さんのこの本の前書、『移動力』にかなり影響を受けて自分が変わり始めたことをきっかけに長倉さんの本を全て読んでいます。 その流れでこの『ギグワーク』 …

【読書】『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために知っておきたいお金の真実』ロバート・キヨサキ(筑摩書房)を読んで。経済的自由を望むならやっぱり金持ち父さん!

10年前くらいに金持ち父さんの本に出会って投資にハマりました。 金持ち父さん、貧乏父さんはお金の知識として必読、入門的な本です。 その続編、『金持ち父さんの「これがフェイクだ」格差社会を生き抜くために …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海を読んで。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みました。 この本は純粋に『感動』します。 物語になっているので素直にストーリーへ引き込まれます。 後半部分は何度読んでも …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細