読書

【読書】『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』冨山和彦を読んで。

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』を読みました。

この本は会社のトップから頂きました。

社長から個人的に頂けるなんて有難い限りです。

内容はと言いますと、課長クラスの「ミドルリーダー」の必要性を説いている本です。

現代のリーダーとして失敗の経験が無いものが活躍出来る筈が無い。
長年染み付いた日本のムラ文化を壊していける人材が必要とされている。

30代だけでなく課長クラスのミドル、特にまだ攻撃力のあるミドルクラスに読んで欲しい本です。
ミドルクラスに停滞して攻撃力、上昇志向の無くなったミドルには関心が持てない内容かと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】致知4月号を読んで。仕事にも家庭にも『人間力』が全ての基盤。

致知の年間購読を始めて早1年。 毎月感じます、人間力の大切さ。 それとともについつい忘れがちな人間力の大切さ。 効率、効率、結果、結果、と仕事も家庭も考えてしまいがちですが、全て上手く行くためには基盤 …

【読書】『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読んで。これは健康に少しでも興味がある方は必見!健康本は色々あってもこの本は教科書として一冊常備して良い本です!!

『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読みました。 健康には『睡眠』、『食事』、『運動』が大切と良く言われますが、その中の『食事』について医学的 …

【読書】『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海を読んで。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みました。 この本は純粋に『感動』します。 物語になっているので素直にストーリーへ引き込まれます。 後半部分は何度読んでも …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『タビトモ クアラルンプール マレーシア』(JTBパブリック)を読んで。マレーシアの中でもクアラルンプールに特化していてクアラルンプールに初めて行く人にはとっても分かりやすいガイドブックです!

JTBパブリック社から出ているタビトモ、クアラルンプールを読みました。 マレーシアでもクアラルンプールに特化したガイドブックなので、ピンポイントでクアラルンプールに行く人にはとっても分かりやすい本にな …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細