Going my way

【読書】『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読んで。行動力を上げて人生をもっと楽しもう!

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読みました。

この本はタイトルに惹かれて買いました。

先延ばし、ギリギリの行動、考え過ぎて動けない、そんなことに心当たりがあるので気になりました。

この本でのポイント、『一瞬で行動に移せるようになるための方法』として『気分』と『視座』を変えることと教えてもらえます。

『視座』があまり使わない言葉ですが、ものを見る『視点と立場』のこととのことです。

この『気分』と『視座』について、いろいろな角度からヒントを示してくれる内容となっています。

似たような内容であったり、当たり前のことも多々ありますが、読む人それぞれで気になった部分をやってみると良いと思います。

正直、タイトルで惹かれたほど刺激的な部分は少なかったですが、当たり前をちゃんと理解しておくことで、『すぐやる人』になれるのかなと思いました。

何事も完璧になってから動くのでは無く、3割の完成度で動いてしまう、動きながら完成度を上げていく。

そんなことの繰り返しで人生がどんどん前に進んでいくのだと感じました。

2色刷りの単行本で、要所要所にイラストが描かれていて、読み易い本です。

この本のタイトル通り『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』はとてもその通りだと思いました。

すぐやる人では無いなぁと感じている方に、おすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2019 All Rights Reserved.