読書

【読書】『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読んで。行動力を上げて人生をもっと楽しもう!

投稿日:2019年1月23日 更新日:

 

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読みました。

この本はタイトルに惹かれて買いました。

先延ばし、ギリギリの行動、考え過ぎて動けない、そんなことに心当たりがあるので気になりました。

この本でのポイント、『一瞬で行動に移せるようになるための方法』として『気分』と『視座』を変えることと教えてもらえます。

『視座』があまり使わない言葉ですが、ものを見る『視点と立場』のこととのことです。

この『気分』と『視座』について、いろいろな角度からヒントを示してくれる内容となっています。

似たような内容であったり、当たり前のことも多々ありますが、読む人それぞれで気になった部分をやってみると良いと思います。

正直、タイトルで惹かれたほど刺激的な部分は少なかったですが、当たり前をちゃんと理解しておくことで、『すぐやる人』になれるのかなと思いました。

何事も完璧になってから動くのでは無く、3割の完成度で動いてしまう、動きながら完成度を上げていく。

そんなことの繰り返しで人生がどんどん前に進んでいくのだと感じました。

2色刷りの単行本で、要所要所にイラストが描かれていて、読み易い本です。

この本のタイトル通り『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』はとてもその通りだと思いました。

すぐやる人では無いなぁと感じている方に、おすすめです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んで。正直、子供向けか大人向けかが微妙でした。。。

『10歳までに身につけたい、一生困らない子どものマナー』川道映里(青春出版社)を読んでみました。 子供の教育のためと思って買った本ですが、正直な感想はおすすめ度は低め。 なぜかと言うと、内容が当たり前 …

【読書】『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読んで。書くことに興味がある人必読!!繰り返し読み込むライティングの教科書!

『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読みました。 読んだキッカケは文章が少しでも上手に書けるようになりたいと思ってネットを検索して見つけました。 著者は書くことを職業としている …

【読書】『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』望月護を読んで。

『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』を読みました。 『もしドラ』→『マネジメント』→この本。という流れでドラッカーへ興味が出て読み進めました。 本書の目的通り、短時間 …

【読書】『(わかりやすい)マーケティング戦略』沼上幹を読んで。

『(わかりやすい)マーケティング戦略』を読みました。 現場営業一筋10年以上の私が本社企画系部署に異動になった際に、本社の上司が貸してくれた本です。 頭の中がアート状態でやってきた私には一度では理解が …

今月も致知から人間力を学びます。

致知は一度読んでみても良い月刊誌。 年間購読を申し込んでから三冊目の7月号。 自分のチョイスでは得られない情報が今月も盛りだくさんです。 世の中にはいろんな偉人がいるのだなぁと気が付けます。 それも過 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細