読書

【読書】『琥珀の夢(上下巻)』伊集院静を読んで。小説、鳥井信治郎。サントリーのルーツって凄い!

投稿日:2018年9月29日 更新日:

『琥珀の夢(上下巻)』を読みました。

サントリー創業のルーツが知れる本です。

サントリーという日本が誇れる素晴らしいグローバル企業を一人の男が作ったかと思うと凄いの一言です。

鳥井信治郎の「やってみなはれ」は現代にも色褪せず必要な素晴らしい考え方です。
上下巻で分厚いですが、あっと言う間に読み切ってしまいました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】致知2020年2月号。生きるヒントここにあり!

人として生きるヒントがこの月刊紙に詰まっています。 どこに影響を受けるか、どこにヒントを見出すかは、その人それぞれ。 同じ人が読んでも悩んでいることや頑張っていることが違えば、また違った記事が心に刺さ …

致知8月号が届きました。毎月月初1週間くらいで届きます。年間購読を始めて3、4ヶ月目ですが、正直に言うと始めて読んだほどの感動は少し薄れつつあります。。。

致知8月号が届きました。 まだ読んでいませんが、結構な内容のボリュームで最近読むことがちょっと重たく感じて来ました。 毎月とても為になる内容はたくさんあります。 初めは自分の全く知らない業界の偉人から …

【読書】『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』マツダミヒロ(きずな出版)を読んで。繋がりで自由に生きる。

    『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』マツダミヒロ(きずな出版)を読みました。 売り上げを上げる、ビジネスを拡大する、今までは集客をどうするか考えていましたが、 …

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。 経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。 単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。 最大の …

【読書】致知2019年12月号を読んで。致知は今の自分に刺さる金言がある本!

致知の年間購読を始めて半年。 毎月、今の自分に刺さる金言があります。 致知はどんな人にも役に立つ本です。 日頃読書習慣があっても、選ぶ本はどうしても偏りがちではありませんか? 自分の興味関心だったり、 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細