読書

【読書】『琥珀の夢(上下巻)』伊集院静を読んで。小説、鳥井信治郎。サントリーのルーツって凄い!

投稿日:2018年9月29日 更新日:

『琥珀の夢(上下巻)』を読みました。

サントリー創業のルーツが知れる本です。

サントリーという日本が誇れる素晴らしいグローバル企業を一人の男が作ったかと思うと凄いの一言です。

鳥井信治郎の「やってみなはれ」は現代にも色褪せず必要な素晴らしい考え方です。
上下巻で分厚いですが、あっと言う間に読み切ってしまいました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』中村恒子を読んで。

『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』を読みました。 89歳、精神科医の仕事を初めて70年近くになる方の本です。 会社、家庭、それぞれ色々な仕事・役割に疲れたときに手に取ると良い本です。 流石 …

【読書】『これからの時代のお金に強い人、弱い人』サチン・チョードリーを読んで

『これからの時代のお金に強い人、弱い人』を読みました。 マネー系の自己啓発本をほとんど読んでいない方には参考になる本だと思います。同系列の本に書かれているようなことが一通り分かり易く書いてあります。 …

【読書】『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読んで。行動力を上げて人生をもっと楽しもう!

    『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏(青春文庫)を読みました。 この本はタイトルに惹かれて買いました。 先延ばし、ギリギリの行動、考え過ぎて動けない、そんな …

【読書】『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読んで。稼ぐためにはここまでやるかぁ、ってくらいの習慣に納得します。美容師から経営者、名プレイヤーから名マネージャーになる必要がある。美容室「EARTH」。

    『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読みました。 これだけやれば年収1億円になるんだろうなぁ、って納得します。 逆の言い方をすれ …

【読書】『ウケる人、スベる人の話し方』渡辺龍太(PHP研究所)を読んで。笑いを取るだけではなく、コミュニケーションスキルの向上にも参考になります。伝え方の参考本。

    『ウケる人、スベる人の話し方』渡辺龍太(PHP研究所)を読みました。 いつも通り、本屋さんで平積みされている本をプラプラと眺めていると、ちょっと気になって手に取ったこの本。 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細