読書

【読書】『熱狂顧客戦略「いいね」の先にある熱が伝わるマーケティング・コミュニケーション』高橋遼を読んで

投稿日:2018年8月29日 更新日:

『熱狂顧客戦略「いいね」の先にある熱が伝わるマーケティング・コミュニケーション』を読みました。

今のマーケティングで大切なことがとても興味深く書かれています。

大した勉強もせず、営業を気合いと根性と感覚でやってきた私には正直内容が難しかったです。
すんなり理解出来る部分と、表現が難しくて自分のレベルではイマイチ理解出来なかった部分があります。

ただ、とても大切なことを伝えてくれている内容だと言うことは理解出来ます。
なので読む人のレベルに合わせて繰り返し読んで理解出来る範囲を広げ、深めることでより一層身になる本だと
思います。

企画畑の方には難しくないのかも知れませんが、学の無い営業畑の私にはそう感じました。
それと同時にこれからの営業も考え方を変えていかないといけないとの気付きもありました。

マーケティング、営業としてとても参考になる本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『日本進化論』落合陽一(SB新書)を読んで。落合陽一さんの本を初めて読みました、年下なのに賢過ぎる。価値観と先見性に納得。でも自分はまだ理解が追い付かない。

    『日本進化論』落合陽一(SB新書)を読みました。 落合陽一さんの本は初めてです。 評判通り、こんなに若い方なのに面白い価値観と先見性を持っている。 賢くない自分には正直、難 …

【読書】『恥をかかない、洋食のマナーの手帳』渡辺誠(小学館)を読んで。基本を知ることが出来る良書。

テーブルマナーって気にする時って少ないけれど、いざと言うときに分からなくて恥ずかしい思いをしたくない。 特に歳を重ねる毎にそんな一般常識や基本マナーを知らないことがとても恥ずかしく感じる。 子供が大き …

【読書】致知4月号を読んで。仕事にも家庭にも『人間力』が全ての基盤。

致知の年間購読を始めて早1年。 毎月感じます、人間力の大切さ。 それとともについつい忘れがちな人間力の大切さ。 効率、効率、結果、結果、と仕事も家庭も考えてしまいがちですが、全て上手く行くためには基盤 …

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。 東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。 この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。 そのボタンはマレ …

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細