読書

【読書】『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』金城幸政を読んで

投稿日:2018年8月21日 更新日:

『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』を読みました。

これは今年読んだ中でも良かったので繰り返し読みましたし、インパクトのあるタイトルですし、読み易い文章なので奥様も読んでいました。

多少極端な表現だったり、筆者の特別な体験談だったりする部分も一部ありますが、読み進める中でそれは筆者のキャラクターなんだと直ぐに理解出来るので筆者が伝えたい内容自体はすんなり入って来ます。

なので嫌な感じは全く無く、自分が共感出来る部分だけを参考にしながら読み進められます。

『愛』と『お金』、そして人としてなりたい状態の『幸せ』についての本質が書かれています。
『お金』と言うものを価値観の基準に置いている自分に気付かされますし、それがどれだけ『幸せ』と言う本質から異なった価値観であるかを気付かせてもらえます。

『幸せ』でいるために必須なものは『愛』。
その『愛』のために使う道具として『お金』。

本当に豊かな『幸せ』の状態に自分がなれるまでにまた読み返してもいい本だと思いました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』和田一郎を読んで

『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を読みました。 42歳で18年勤めた会社を辞めたサラリーマンのストーリー。 アラフォーサラリーマンであれば共感出来ることも多く、読み易いとおもいま …

【読書】『イシューからはじめよ(知的生産の「シンプルな本質」)』安宅和人を読みました。問題を解決する前に、解決すべき問題を見極める!

『イシューからはじめよ(知的生産の「シンプルな本質」)』を読みました。 35歳くらいの現場営業経験しかない時に読みましたが、その時は正直全く意味が分からなかったです。 言わんとしていることは分かるので …

致知2019年10月号、今月も人間学を学びます!『情熱に勝る能力なし』

年間購読を始めた致知。 2019年10月号が届きました、今月のテーマは『情熱に勝る能力なし』。 毎月、テーマからして金言です。 その金言をテーマに各界の偉人からの言葉を学べます。 中身は毎月なかなかの …

【読書】『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』中村恒子を読んで。

『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』を読みました。 89歳、精神科医の仕事を初めて70年近くになる方の本です。 会社、家庭、それぞれ色々な仕事・役割に疲れたときに手に取ると良い本です。 流石 …

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。 経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。 単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。 最大の …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細