MENU
ぎぶ
4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年夫婦らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

『嫌い』を捨てる。

嫌いなことなんてあって自分に良いことなんて何もありません。

苦手なことはあるかも知れませんが、嫌いなことは物事の考え方だけです。

物事の見方を変えれば好きになることも多いですし、嫌いではないけれど自分には合わないくらいに留めることも出来ます。

人付き合いで言えば、自分が嫌いな相手は相手も自分のことが嫌いになります。

世の中そういうものです。

それに食べ物にしても嫌いなものが多ければ、楽しくない食事に出くわせることもありますが、好きになれば全ての食事が楽しくなる可能性がかなり高まります。

何でもそう、嫌いよりも好きでいようと心掛けるだけで人生がとっても豊かになります。

全てを好きになろう、嫌いな物事はなくそう、そう思って日々の生活を過ごすことで生きることが楽になりますし、楽しくなります。

結局、『嫌い』は自分にとって良いことなんて何もありません。

勝手に自分が『嫌い』と思ってしまうことで、巡り巡って自分が幸せになりにくくなっていることに気が付いた方が賢明です。

相手を嫌うことが、自分にとってデメリット、不幸を招くブーメラン。

逆も然り、『好き』な相手、物事を増やすことで自分にとってメリット、幸福が自然と巡ってきます。

もっと心豊かな生活、もっと幸福感を感じる生き方をしたいと思ったら、先ずは日々の自分を見返して見て下さい。

たくさんの『嫌い』があったりしませんか?

『嫌い』を1つ1つ、気が付いた時に捨てて生きましょう。

末広がりに良いことがじんわりと起こるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子供を育てる平凡な40代のサラリーマンパパ。

10代の頃はオシャレが大好きだったのに、子育て・お仕事と忙しくしているうちに、普通の所帯じみた中年のおじさんになっていました。

ファッションは何歳になっても、毎日の生活を彩り豊かにしてくれます。
庶民の中年らしいレベル感で、ちょっとしたオシャレを楽しんで生活しています♪

<関連ブログ>
↓子育てブログ
ぎぶパパ
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

コメント

コメントする

目次
閉じる