読書

【読書】『勝ち続ける理由』原晋を読んで。結果を出すチーム作りのヒントはここにあり!

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『勝ち続ける理由』を読みました。

チームで結果を出す秘訣、ヒントがたくさん書かれています。

青山学院がなぜ強いのか?なぜ勝てるのか?なぜ勝ち続けられるのか?
これを読むと納得出来ます。

難しいビジネス書で組織論などを学ぶことも良いですが、組織で結果を出すと言う目的であれば、この本の方が幅広い世代・幅広い経験の方に読み易く、理解し易いと思います。

マラソン好きの方が読んでも面白いですし、ビジネスで大小問わずチームを任されている方が読んでもとても役に立つ本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読んで。天才編集者の革命的仕事術。思った以上に面白い、若い人が圧倒的な熱量で新しい日本の価値観を作り始めている!

    『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読みました。 本のタイトルで勝手にネガティブなことも書かれた本かと思い込んで、何処の本屋でもよく見かけま …

致知9月号、月一冊の学び。

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。 自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。 そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入っ …

【読書】『2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート 利益を出すリーダーが必ずやっていること』長谷川和廣(かんき出版)を読んで。現場リーダーに必要な72個のポイントが紹介されています。

    『2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート 利益を出すリーダーが必ずやっていること』長谷川和廣(かんき出版)を読みました。 現場経験を元にした体験談として、現場リーダー …

【読書】『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』福島文二郎を読んで。

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』を読みました。 『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』とセットで読みましたが、 ディズニー本の方がもっと細かく具体的、リアルな …

【読書】致知2020年2月号。生きるヒントここにあり!

人として生きるヒントがこの月刊紙に詰まっています。 どこに影響を受けるか、どこにヒントを見出すかは、その人それぞれ。 同じ人が読んでも悩んでいることや頑張っていることが違えば、また違った記事が心に刺さ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細