教育

『優しさ』と『強さ』と『笑顔』で相手の心の奥底に『平和』を作る!祖母から学ぶ平和の教え。

投稿日:2018年10月10日 更新日:

93歳で母方の祖母が亡くなりました。

私は両親が共働きだったのでこの祖母に食事などたくさん世話をしてもらって育ちました。
幼少期の時間をたくさん一緒に過ごしてとても大好きな祖母です。

なぜ大好きか?
そう考えると一緒にいる、側に居てくれるととても安心するからだと思いました。

祖母といると心の底から安心出来るのです。

祖母はただただ優しい、そして今思うと自分の成長を待ってくれる安心感がありました。

それに優しいだけでは無く、しっかりとした信念を持ち、守ってくれる強さがありました。
この強さは生きる力全てにおいて持っており、弱いものを守る対人的な強さ、そして経済的に自立した強さ。

経済的な部分で言うと、祖父は普通の会社員で祖母は専業主婦でしたが祖母は色々と投資を行って経済力をつけたと聞いたことがあります。

本人は全く金銭的な欲や物欲が無くて、贅沢品を買っているところを見たことがありません。

しかし、祖父・叔父家族との大切な時間のための自宅建て替えや離婚して家に戻った私の母の生活費など、家族を守るために必要なことには大きく使います。

勿論、そこにはただ甘やかす、あげてしまうようなことでは無く、しっかりとした規律と信念があります。

そんな全てを『優しさ』で包み込み、全てを『強さ』で守って生きるような人でした。
そしてその全ての行動、生き方が『笑顔』なのです。

祖母のことを思い出すと『笑顔』以外の表情が見当たらないくらい常に『笑顔』の人でした。
笑顔でいつも『優しい』、時折見せる『強さ』も笑顔。

そんな祖母に私は『平和』への欲求を植え付けてもらえたのだと思います。
心の底から安心して幸せを感じるには『平和』であるべきだと。

そのためには常に笑顔で優しく、強く。
祖母が生涯で伝えた『平和』は確実に家族へ根付いて居ます。

祖母の子、私の母もとても平和な人です。
そして私もそんな人になりたいと思います。

私の心の底に『平和』をしっかりと植え付けてくれた祖母に感謝です。
今度は私が下の世代に伝える番です。

偉大なる祖母の器にはまだ程遠い自分ですが、目指すべき姿を見て来たので近付けるように心掛けることは出来ます。
いつも笑顔で優しく、強く平和でありたいと思います。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イライラしない、余裕を持つ。

何かを伝えたい時、うまく行かなくてもイライラしてはいけない。 感情的になったらダメ。 かと言って間違いに対して緊張感が無くてもダメ。 余裕を持って対処すべき。 なかなか難しいものですが、出来ている人は …

反省する父ちゃん。

父ちゃんは最近反省しています。 なぜかって? 調子に乗り過ぎていたんだよ。 全く考えてもみなかったけれど、仕事を頑張ってそれなりにお金も稼げるようになって、みんなの欲しいものを買ってあげられることも多 …

いきなり不機嫌、青メガネのクソオヤジ。ごめんよぉ!

怒っても意味ないのにまた怒っちゃった。 そんなことばかり。 兄妹ゲンカ、そこに母ちゃんがちょっと参戦したりしていると、ついつい父ちゃんも参戦しちゃうんだよね。 放っておくのが一番ってわかっているはずな …

相手を見る余裕を持たなきゃダメだ!!

最近自分のことで精一杯な自分がとても気になります。 なりたい自分に近づいていない焦り、必死にもがき過ぎている自分。 大切な将来のために日々を過ごしていますが、大切な今、今日という時間をおそろかにしてし …

no image

子育てから学ぶこと

私は小学4年生〜0歳まで、4人の子供がいます。 自分が3人兄弟だったので何となく子供3人は欲しいなぁ。と漠然と昔から思っていました。ところがそれが現実になった時には4人でも5人でも欲しいと心のどこかで …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細