読書

【読書】『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』和田一郎を読んで

投稿日:2018年9月2日 更新日:

『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を読みました。

42歳で18年勤めた会社を辞めたサラリーマンのストーリー。
アラフォーサラリーマンであれば共感出来ることも多く、読み易いとおもいます。

サラリーマンが考えそうなことを一人の実体験談としてストーリーを覗けることは
一例としてとても参考になる内容です。

出来れば『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』とセットで読んだ方が
面白いです。

自分がネガティブなタイミングで手に取り易いタイトルですが、
気楽に読める内容です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス(訳:関美和)ダイヤモンド社を読んで。初キンドル 、スマホは読み辛い。

『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキスを読みました。 きっかけは移動力など多数の本を出している長倉顕太さんのユーチューブ動画を見ておすすめだったこ …

【読書】『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』望月護を読んで。

『「新版」ドラッカーの実践経営哲学(ビジネスの基本がすべてわかる!)』を読みました。 『もしドラ』→『マネジメント』→この本。という流れでドラッカーへ興味が出て読み進めました。 本書の目的通り、短時間 …

【読書】『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット(訳:神崎朗子)を読んで

『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました。 もう4回は読んでいます。 はじめに読んでみようと思ったきっかけは、就職して結婚して子供が生まれて。。。 仕事上の立場が上がって子供も増えて大きくな …

【読書】『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読んで。文章を書くことの新たな教科書!!書くことの価値観が変わるおすすめ本!

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読みました。 文章をもっと上手く書きたい、書けるようになりたい!と思う方に是非一度読んでもらいたい本です。 著者は元電通社員、24年間コピー …

【読書】致知2019年12月号を読んで。致知は今の自分に刺さる金言がある本!

致知の年間購読を始めて半年。 毎月、今の自分に刺さる金言があります。 致知はどんな人にも役に立つ本です。 日頃読書習慣があっても、選ぶ本はどうしても偏りがちではありませんか? 自分の興味関心だったり、 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細