読書

【読書】『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』和田一郎を読んで

投稿日:2018年9月2日 更新日:

『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を読みました。

前作『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』の続きの内容で
とても読み易い内容です。

MBAだなんだの一流ビジネスマンの難しい起業話では無くて、
一般的に多くいる様なサラリーマンの話で同じ様な方には興味を持って読めます。

サラリーマンとして今のままでは嫌だけれども、特にやりたいこともないし、
そんな勇気もない。こんな感じの方も多いと思います。

起業雑誌などを見ると上手く行った話ばかりで、素敵な未来だけの良い部分が大変ですが、
この本では上手く行かなかったことや、紆余曲折色々あったことが書かれています。

とてもリアルです。
自分の進む道に迷っている方はこの2冊を読んで参考になる部分が多々あると思います。

サラリーマンを続けること、起業すること、どちらが良くてどちらが悪い訳でもありませんので
他の人の生き方をこの本で覗き見してもう一度自分を見つめ直しても良いかもしれません。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

致知2019年10月号、今月も人間学を学びます!『情熱に勝る能力なし』

年間購読を始めた致知。 2019年10月号が届きました、今月のテーマは『情熱に勝る能力なし』。 毎月、テーマからして金言です。 その金言をテーマに各界の偉人からの言葉を学べます。 中身は毎月なかなかの …

【読書】『英語の多動力』堀江貴文を読んで

『英語の多動力』を読みました。 この本は気になっていたので一度本屋で立ち読みしてみようと思っていました。 本屋で探しましたがなかなか見つからない。。。 いつものビジネス関係、その周辺にない。 結局、語 …

致知8月号が届きました。毎月月初1週間くらいで届きます。年間購読を始めて3、4ヶ月目ですが、正直に言うと始めて読んだほどの感動は少し薄れつつあります。。。

致知8月号が届きました。 まだ読んでいませんが、結構な内容のボリュームで最近読むことがちょっと重たく感じて来ました。 毎月とても為になる内容はたくさんあります。 初めは自分の全く知らない業界の偉人から …

【読書】『何を捨て何を残すかで人生は決まる』本田直之を読んで

『何を捨て何を残すかで人生が決まる』を読みました。 持たない生き方の提案。自分らしい生き方ってなんだろう、と考えさせてくれます。 私は通勤の遠い都内勤務のサラリーマンを10年弱やっているなかで、ずっと …

【読書】『「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!』中島孝志を読んで

『「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!』を読みました。 一言で言うとビジネスマンとして上昇して行く人のセオリーが網羅されています。 ビジネスマンの中でも、一般的な会社員としてのセオリーが書かれており …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細