読書

【読書】『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』和田一郎を読んで

投稿日:2018年9月2日 更新日:

『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を読みました。

前作『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』の続きの内容で
とても読み易い内容です。

MBAだなんだの一流ビジネスマンの難しい起業話では無くて、
一般的に多くいる様なサラリーマンの話で同じ様な方には興味を持って読めます。

サラリーマンとして今のままでは嫌だけれども、特にやりたいこともないし、
そんな勇気もない。こんな感じの方も多いと思います。

起業雑誌などを見ると上手く行った話ばかりで、素敵な未来だけの良い部分が大変ですが、
この本では上手く行かなかったことや、紆余曲折色々あったことが書かれています。

とてもリアルです。
自分の進む道に迷っている方はこの2冊を読んで参考になる部分が多々あると思います。

サラリーマンを続けること、起業すること、どちらが良くてどちらが悪い訳でもありませんので
他の人の生き方をこの本で覗き見してもう一度自分を見つめ直しても良いかもしれません。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス(訳:関美和)ダイヤモンド社を読んで。初キンドル 、スマホは読み辛い。

『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキスを読みました。 きっかけは移動力など多数の本を出している長倉顕太さんのユーチューブ動画を見ておすすめだったこ …

【読書】『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読んで。デキる会社は縛らない。常識の枠を外せば、もっと自由に働ける!今は非常識でも将来は常識になりそうな、働き方のヒントがたくさんあります!!

    『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読みました。 いつも日本の一般的な働き方に疑問を感じている自分。 自分の職場がまだ日本の従来の働き方を引きずっ …

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。 経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。 単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。 最大の …

【読書】『サラリーマン2.0(週末だけで世界一周)』東松寛文を読んで。リーマントラベラーすごい!

『サラリーマン2.0(週末だけで世界一周)』東松寛文を読みました。 仕事の昼休みに立ち寄った本屋さんで、旅行雑誌コーナーをふらついていたところ急に目に飛び込んで来た本がこれ。 週末だけで世界一周すると …

【読書】『これからの時代のお金に強い人、弱い人』サチン・チョードリーを読んで

『これからの時代のお金に強い人、弱い人』を読みました。 マネー系の自己啓発本をほとんど読んでいない方には参考になる本だと思います。同系列の本に書かれているようなことが一通り分かり易く書いてあります。 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細