読書

【読書】『リッツ・カールトンが大切にする、サービスを超える瞬間』高野登を読んで

投稿日:2018年9月9日 更新日:

『リッツ・カールトンが大切にする、サービスを超える瞬間』を読みました。

ホスピタリティ、感動、とホテル業界で無くても人として大切なヒントが参考になりました。

従業員も「お客様」のに扱われることなんてなかなか日本の一般的な企業では少ないのでは無いでしょうか?
従業員を内部顧客として大切に扱うことで、お互いを理解し、心から尊敬し合う。

この様な普段から自然に行われているサービス哲学は他の業種、企業でもとても役に立つと思います。

管理監督職、経営層どの立ち位置でも組織の質を高めるヒントがあります。
私はセットでディズニーの教え方も読み、とても参考になりました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『英語の多動力』堀江貴文を読んで

『英語の多動力』を読みました。 この本は気になっていたので一度本屋で立ち読みしてみようと思っていました。 本屋で探しましたがなかなか見つからない。。。 いつものビジネス関係、その周辺にない。 結局、語 …

【読書】『新世界』西野亮廣を読んで。意外!?と言ったら失礼ですが、キングコング西野さんの本は思った以上に面白いです。新たな価値観を教えてもらえる。芸人本が流行っていますが、流行りだけでは無くて、芸人というプロフェッショナル目線での価値観は一見の価値ありです。

『新世界』西野亮廣を読みました。 芸人さんの本って読んだことありませんでしたが、たまたま立ち寄った本屋で立ち読みしていたら、思った以上に興味深い。 他の芸人さんの本を読んでいないので芸人さんの本と言う …

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。 東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。 この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。 そのボタンはマレ …

【読書】致知4月号を読んで。仕事にも家庭にも『人間力』が全ての基盤。

致知の年間購読を始めて早1年。 毎月感じます、人間力の大切さ。 それとともについつい忘れがちな人間力の大切さ。 効率、効率、結果、結果、と仕事も家庭も考えてしまいがちですが、全て上手く行くためには基盤 …

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細