読書

【読書】『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット(訳:神崎朗子)を読んで

投稿日:2018年8月25日 更新日:

『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました。

もう4回は読んでいます。

はじめに読んでみようと思ったきっかけは、就職して結婚して子供が生まれて。。。
仕事上の立場が上がって子供も増えて大きくなって。。。と
自分が大人になっていく中で失っていた自分らしさを取り戻すために断捨離、シンプルな考え方、
生き方に興味を持ち始めてからです。

いつも通り空いた時間に本屋へ立ち寄り、自分のアンテナに反応する本を見渡すと
比較的女性向きの本が並ぶコーナーでこの本が目に留まりました。

立ち読みしてみると、いつも私が読んでいるビジネス系自己啓発本、投資本とは異なる観点から
私の興味あることを伝えていたので更に興味を惹かれました。

発売から数年経っていたのでアマゾンで中古をお安くゲット。

読んでみると男性でも全く違和感無く読めます。
むしろ女性の素敵な生き方は男性にもとても参考になります、男性の私でも自分に置き換えて
スムーズに理解出来ます。

ただ物を減らして『シンプルに生きる』のでは無く、自分らしさを謳歌して素敵に生きるために
『シンプルさ』を大切にすると言うことが学べます。

心の豊かさに気が付かせてくれます。
サブタイトルにある通り、『暮らしの質』を高める秘訣が参考になります。

自分の生き方がイケて無いなぁ、なんか今の自分はカッコ悪いなぁ、と思った時に
繰り返し手に取るローテーションの一冊となっています。

自分らしく生きるためのモチベーションアップ、モチベーションコントロールツールとして、
自分の考え方として気に入った本を何冊か常備しておくと、自分らしさを見失いにくいので
おすすめです。

気軽に読める内容なので老若男女問わず良いと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『(わかりやすい)マーケティング戦略』沼上幹を読んで。

『(わかりやすい)マーケティング戦略』を読みました。 現場営業一筋10年以上の私が本社企画系部署に異動になった際に、本社の上司が貸してくれた本です。 頭の中がアート状態でやってきた私には一度では理解が …

【読書】『大家さんのための(大家さん税理士による)節税の教科書』渡邊浩滋を読んで。面倒くさがり初心者大家には節税はややこしい!

『大家さんのための(大家さん税理士による)節税の教科書』を読みました。 不動産投資物件を初めて購入した時に読みましたが、日頃税金にほとんど関わっていないサラリーマンなのでとても難しく感じました。 読ん …

【読書】『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読んで。デキる会社は縛らない。常識の枠を外せば、もっと自由に働ける!今は非常識でも将来は常識になりそうな、働き方のヒントがたくさんあります!!

    『あの会社のスゴイ働き方』日経新聞=編(日経ビジネス人文庫)を読みました。 いつも日本の一般的な働き方に疑問を感じている自分。 自分の職場がまだ日本の従来の働き方を引きずっ …

【読書】『金持ち父さん貧乏父さん(アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学)』ロバート・キヨサキを読んで。人生が変わり始めるキッカケに!!

    『金持ち父さん貧乏父さん(アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学)』を読みました。 30過ぎにこの本に出会って何度も読みましたし、この本で良い影響を受けそうな年下にも何人 …

【読書】『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』マツダミヒロ(きずな出版)を読んで。繋がりで自由に生きる。

    『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』マツダミヒロ(きずな出版)を読みました。 売り上げを上げる、ビジネスを拡大する、今までは集客をどうするか考えていましたが、 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細