【読書】『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・L・スコット(訳:神崎朗子)を読んで

趣味
スポンサーリンク

『フランス人は10着しか服を持たない』を読みました。

もう4回は読んでいます。

はじめに読んでみようと思ったきっかけは、就職して結婚して子供が生まれて。。。
仕事上の立場が上がって子供も増えて大きくなって。。。と
自分が大人になっていく中で失っていた自分らしさを取り戻すために断捨離、シンプルな考え方、
生き方に興味を持ち始めてからです。

いつも通り空いた時間に本屋へ立ち寄り、自分のアンテナに反応する本を見渡すと
比較的女性向きの本が並ぶコーナーでこの本が目に留まりました。

立ち読みしてみると、いつも私が読んでいるビジネス系自己啓発本、投資本とは異なる観点から
私の興味あることを伝えていたので更に興味を惹かれました。

発売から数年経っていたのでアマゾンで中古をお安くゲット。

読んでみると男性でも全く違和感無く読めます。
むしろ女性の素敵な生き方は男性にもとても参考になります、男性の私でも自分に置き換えて
スムーズに理解出来ます。

ただ物を減らして『シンプルに生きる』のでは無く、自分らしさを謳歌して素敵に生きるために
『シンプルさ』を大切にすると言うことが学べます。

心の豊かさに気が付かせてくれます。
サブタイトルにある通り、『暮らしの質』を高める秘訣が参考になります。

自分の生き方がイケて無いなぁ、なんか今の自分はカッコ悪いなぁ、と思った時に
繰り返し手に取るローテーションの一冊となっています。

自分らしく生きるためのモチベーションアップ、モチベーションコントロールツールとして、
自分の考え方として気に入った本を何冊か常備しておくと、自分らしさを見失いにくいので
おすすめです。

気軽に読める内容なので老若男女問わず良いと思います。

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎぶをフォローする
スポンサーリンク
"Give" blog(ぎぶログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました