読書

【読書】『スタンフォード式、最高の睡眠』西野精治を読んで。やっぱり睡眠は大切!1日の使い方で最優先すべき事だと認識した方が良い!!寝てない=頑張ってる。というか感覚はもう古過ぎる!!

投稿日:2018年11月14日 更新日:

『スタンフォード式、最高の睡眠』西野精治を読みました。

この本より後に出版されたスタンフォード式、疲れない体を読んで良かったのでこの本も読んでみました。

読んだ率直な感想は実践的に出来ることはそんなに多く書かれていなく、研究結果を知る本です。

参考にならない訳では無く、眠りに対して大切なことはとてもシンプルだと言う事です。

私自身も30前後で不整脈を患い、一度手術を行っても治らなかったのですが、睡眠時間を大切にする生活をしたことで二度目の手術をしないままほぼ治ってしまいました。

やっぱり睡眠は大切です!

自分もそうでしたが、日本人は睡眠に対して意識が低過ぎます。

睡眠は1日という時間の使い方で絶対に最優先すべき事だと認識した方が良いと思います。

寝てない=頑張ってる。というか感覚はもう古過ぎる!!

睡眠の質と最適な量を最優先にすることで1日という全ての人に平等な時間の質が上がり、より一層充実した幸せな日々が過ごせるようになります。

また、心と体の健康への良い影響が思っている以上に大きいです。

この本で書かれていることが全てではないと思いますが、一つの研究結果として参考になります。

他にも睡眠に触れた健康本などを読んで自分に最適な睡眠スタイルを確立すると良いと思います。

睡眠に対してそれほど意識したことが無い人でしたら、参考になるポイントは多数あって、睡眠について他の本も読んでみたくなる睡眠入門本としておすすめです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『サーファーになる本、クラシックロングボード 編』(エイ出版社)を読んで。これからシングルフィンのクラシックロングボード を始める人にオススメの教科書!!

サーファーになる本、クラシックロングボード 編を読みました。 ありそうでなかったシングルフィンのクラシックロングボード だけの教科書。 中高年からサーフィンを始めるにはショートボードはなかなか大変。 …

【読書】『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』和田一郎を読んで

『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を読みました。 前作『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』の続きの内容で とても読み易い内容です。 MBAだなんだの一流ビジネス …

【読書】『恥をかかない、洋食のマナーの手帳』渡辺誠(小学館)を読んで。基本を知ることが出来る良書。

テーブルマナーって気にする時って少ないけれど、いざと言うときに分からなくて恥ずかしい思いをしたくない。 特に歳を重ねる毎にそんな一般常識や基本マナーを知らないことがとても恥ずかしく感じる。 子供が大き …

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

病気の原因は『感謝不足』。幸せとは手に入れるものでも、望むものでもなく、気づくもの。致知2019年6月号、河村武明さんの言葉。たくさんの人に是非読んで欲しい。

大先輩に勧めていただいた致知はとても為になる本でした。 人として成長するヒントがたくさんあります。 その中で今回気になったのが、34歳で脳梗塞を発症し、重度の障害になったという河村武明さんの記事。 平 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細