読書

【読書】『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』三戸政和を読んで

投稿日:2018年8月25日 更新日:

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』を読みました。

金持ち父さんでも学んだ通り、株・不動産・ビジネスの3つが自分を経済的自由に導くために
必要だと常日頃考えてサラリーマンをやっており、株・不動産は少しかじって体験中なので
3つ目のビジネスに興味があったので手に取った本です。

とても具体的に書かれており、大変興味を持ちました。

起業するリスク、安易に考えてしまいがちな飲食店経営、不動産と同じようにネットで売り会社を
検索出来ることなど自分でビジネスをやったことのない素人サラリーマンには始めて知ることが多かったです。

勿論全ての人が出来る内容ばかりではありませんが、一つの考え方としてとても参考になります。

ただ読み進めて自分で模索する中で、株・不動産と異なる部分がほったらかしに出来にくそうだな。
と感じました。

本当にやりたいビジネス、人生の大きな時間を費やしても良いと思えるビジネスに出会えれば良いと
思いますが、『やりたいこと』では無くて『やりたいことに向けた経済的自由』が目的であれば、
ビジネスを安易に買おうと思うのは間違っているのではないかとも気が付けました。

私は後者なので実際に探して会社を買うことは今のところ考えておりません。
それでもこの本でサラリーマンでも会社を買うと言う考え方を学べたので、
『やりたいこと』のビジネスと出会える縁があった際には動こうと心構えみたいなものは出来たと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『(わかりやすい)マーケティング戦略』沼上幹を読んで。

『(わかりやすい)マーケティング戦略』を読みました。 現場営業一筋10年以上の私が本社企画系部署に異動になった際に、本社の上司が貸してくれた本です。 頭の中がアート状態でやってきた私には一度では理解が …

【読書】『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読んで。本当にコミュニケーションが苦手な人向けに丁寧な本。

『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読みました。 正直、読み切るのに時間がかかりました。 新書サイズで厚さもそんなにないのに、なかなか読み切れないくらいの中身です。 営業畑にいてコミュニケー …

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

【読書】『ウケる人、スベる人の話し方』渡辺龍太(PHP研究所)を読んで。笑いを取るだけではなく、コミュニケーションスキルの向上にも参考になります。伝え方の参考本。

    『ウケる人、スベる人の話し方』渡辺龍太(PHP研究所)を読みました。 いつも通り、本屋さんで平積みされている本をプラプラと眺めていると、ちょっと気になって手に取ったこの本。 …

【読書】『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス(訳:関美和)ダイヤモンド社を読んで。初キンドル 、スマホは読み辛い。

『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキスを読みました。 きっかけは移動力など多数の本を出している長倉顕太さんのユーチューブ動画を見ておすすめだったこ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細