読書

【読書】『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』桑原晃弥を読んで。

投稿日:2018年9月14日 更新日:

『ウォーレン・バフェット成功の名語録(世界が尊敬する実業家、103の言葉)』を読みました。

株式投資を始めてから初めて知ったウォーレン・バフェット氏。
とても有名らしいのでどの様な人物かを知りたくて最初に買った本がこの本です。

書かれている通り、仕事と人生を成功させる秘訣がここに書かれていました。
当時、バフェット氏を知らなかった私は人として更に興味を持ちました。

全ての価値観に共感出来る訳では無くても、軸となる大切な基本概念にとても尊敬の念を抱きました。

この本が入口でバフェット氏に深く興味を持って『スノーボール』という伝記も全て読みました。
なかなかのボリュームです。

『スノーボール』も何度か読んでウォーレン・バフェット氏という人物への理解を深めた後は、
逆にこの本へ戻りました。

『スノーボール』で全体をしっかり理解した上でこの本を読むとより一層、よくポイントをまとめた良い本だと思えます。
短い時間でバフェット氏の価値観を再認識したいときにはこの本で十分役目を果たしてくれる内容になっています。

「オマハの賢人」。とても素晴らしいです。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『琥珀の夢(上下巻)』伊集院静を読んで。小説、鳥井信治郎。サントリーのルーツって凄い!

『琥珀の夢(上下巻)』を読みました。 サントリー創業のルーツが知れる本です。 サントリーという日本が誇れる素晴らしいグローバル企業を一人の男が作ったかと思うと凄いの一言です。 鳥井信治郎の「やってみな …

【読書】『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読んで。売上低迷、利益低迷、そんな営業に悩む人に必読!!令和の時代にヒットするヒントあり!

『売ってはいけない』永井孝尚(PHP新書)を読みました。 サブタイトルは『売らなくても儲かる仕組みを科学する』。 昭和から平成にかけてやってきた売り方の常識が、平成から令和にかけて完全に変わってきてい …

【読書】『恥をかかない、洋食のマナーの手帳』渡辺誠(小学館)を読んで。基本を知ることが出来る良書。

テーブルマナーって気にする時って少ないけれど、いざと言うときに分からなくて恥ずかしい思いをしたくない。 特に歳を重ねる毎にそんな一般常識や基本マナーを知らないことがとても恥ずかしく感じる。 子供が大き …

【読書】『「いい質問」が人を動かす』谷原誠を読んで。質問って人生をコントロール出来るくらい凄い!!

『「いい質問」が人を動かす』を読みました。 内容は難しく無くてとても読み易いです。 誰にでも読み易くて、誰にでもとても役に立つ内容です。 「いい質問」が人を動かす。と言うのは他人を動かすだけでは無くて …

【読書】『新版 光明の生活法』谷口雅春(日本教文社)を読んで。父からの贈り物。

2003年12月23日、父が自分に送ってくれた本。 大切な部分にはマーカーで印が付いていました。 自分が生まれた年に独立して、子供3人を何不自由無く育ててくれた父。 とても厳しい父と思っていましたが、 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細