読書

【読書】『やりたいことを全部やる!時間術』臼井由妃を読んで。魔法の言葉「かきくけこ」を意識してみよう!

投稿日:2018年10月13日 更新日:

『やりたいことを全部やる!時間術』を読みました。

人生を豊かに生きるために平等に持っている資産である『時間』をどう使うか?が書かれている本です。

使い方で人の生き方を大きく変える『時間』と『お金』。

この点に触れた本は多数ありますが、ビジネスの世界をたくましく生き抜いてきた女性経営者としての視点としては面白い本だと思います。

私はこのような内容に興味があるので他にも『時間』に触れた本を読んでいますので、個人的には新しい発見がたくさんあったと言うよりはタイムマネジメントとしてのセオリーを確認出来たことと、著者独自の考え方としてそう言う人もいるのか、と知れた点が良かったと思います。

特に印象的だった部分は著者からこれだけでも覚えておくと良いとおすすめされて最後に書かれている魔法の言葉『かきくけこ』。

「か」=簡単。「き」=興味。「く」=グレー時間。「け」=決断。「こ」=行動。
この5個のキーワード。

解説は本書で詳しく書いてありますが、出来ていない自分にも気が付いて、とても大切なことだとすごく納得出来ました。
人生を目一杯生き抜いている人達はほぼ間違いなく、タイムマネジメントの信念を持っています。

その信念を本で覗かせて頂きながら、自分自身に合ったタイムマネジメント軸を研ぎ澄ませて行く参考に本の一つだと思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』和田一郎を読んで

『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を読みました。 42歳で18年勤めた会社を辞めたサラリーマンのストーリー。 アラフォーサラリーマンであれば共感出来ることも多く、読み易いとおもいま …

【読書】『英語の多動力』堀江貴文を読んで

『英語の多動力』を読みました。 この本は気になっていたので一度本屋で立ち読みしてみようと思っていました。 本屋で探しましたがなかなか見つからない。。。 いつものビジネス関係、その周辺にない。 結局、語 …

【読書】『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読んで。本当にコミュニケーションが苦手な人向けに丁寧な本。

『自分のことは話すな』吉原珠央(幻冬舎新書)を読みました。 正直、読み切るのに時間がかかりました。 新書サイズで厚さもそんなにないのに、なかなか読み切れないくらいの中身です。 営業畑にいてコミュニケー …

【読書】『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読んで。今の自分に良い危機感を気付かせてもらえます!今の自分の常識は本当に常識か!?って。前書『移動力』とセットで読むことがおすすめ!

『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読みました。 長倉さんのこの本の前書、『移動力』にかなり影響を受けて自分が変わり始めたことをきっかけに長倉さんの本を全て読んでいます。 その流れでこの『ギグワーク』 …

【読書】『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読んで。サラリーマン人生が変わりそうです。

『休み方改革』東松寛文(徳間書店)を読みました。 東松さんの前作も読んでとても興味を持ったので、この二作目も買いました。 この本を読んで、思い切って携帯でポチッとボタンを押せました。 そのボタンはマレ …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細