Going my way

【読書】『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海を読んで。

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みました。

この本は純粋に『感動』します。
物語になっているので素直にストーリーへ引き込まれます。
後半部分は何度読んでも目頭が熱くなってしまいますので通勤中に電車で読む時は頑張って平静を装います。

規模の大小に関わらずマネジメントに関わる方には是非読んでもらいたい一冊です。

物語になっているので難しい話を素直に受け入れられます。

『真摯』であることを大前提とし、組織をマネジメントすると『感動』が生まれるのだなぁと思いました。

また、『感動』が生まれないマネジメントは本物ではないのだろうとも気が付かされました。

マネジメントによって結果を出すことが目的ですが、誰かを蹴落としたり、不幸不利益をもたらしてしまうことは本筋から外れていることだとも思いました。

本物のマネジメントは最終的に共存共栄であり、最大幸福を生み出すことと感じました。

数年振りに読みましたが繰り返し読んでも得るものがある良い本です。

小さな事からでも『感動』を生み出すマネジメントをやってみたくなります。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
とと(父ちゃん)として4人の子育てとお仕事を自由気ままに楽しむ普通のアラフォー会社員。 小心者で怠け者なくせに「新しいことへのチャレンジ」をしている時に生きる喜び、充実感を感じると気付いたので色々楽しみながらやってみようと思っている今日この頃。 目標は大きく言うと『世界平和』、ちっちゃなことでも平和を生み出せれば幸いです。そのためにも好きなことに正直で自由に自分らしく生きられる人になりたい。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ととの平和研究室 , 2018 All Rights Reserved.