読書

【読書】『うまくいったやり方から捨てなさい』椎原崇(サンマーク出版)を読んで。自己肯定感を高めてなりたい自分になる。人生を楽しむヒントがあります!

投稿日:2018年12月14日 更新日:

 

 

『うまくいったやり方から捨てなさい』椎原崇(サンマーク出版)を読みました。

サンマーク出版の本はとても気軽に読めて、ヒントも分かり易い本が比較的多いような気がします。

この本も読み易いです。

人生をより豊かに、そして生きている時間をより一層楽しめる、そんな可能性を広げるヒントが書かれています。

『人生のステージ』

この変化って振り返るとターニングポイントが確かにあるなぁと思います。

でもそれって、何か偶然的なものであったり、変化せざるを得ない状況であったりがきっかけで、自分の意図的な部分って少ない人が多いのではないでしょうか?

これをうまくいったやり方から『捨てる』と言う方法で意図的に『人生のステージ』を上げていく、広げていくことが出来ることを教えてもらえます。

自己肯定感が低い人や、なりたい自分になれていない人が読むと良いきっかけになると思います。

自分の状態をよく理解して、変化を楽しむ。

そこから広がる自分の人生を楽しむ。

気軽に読めて自己肯定感が高まる本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読んで。これは健康に少しでも興味がある方は必見!健康本は色々あってもこの本は教科書として一冊常備して良い本です!!

『医者が教える食事術最強の教科書(20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68)』牧田善二を読みました。 健康には『睡眠』、『食事』、『運動』が大切と良く言われますが、その中の『食事』について医学的 …

【読書】『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読んで。今の自分に良い危機感を気付かせてもらえます!今の自分の常識は本当に常識か!?って。前書『移動力』とセットで読むことがおすすめ!

『ギグワーク』長倉顕太(すばる舎)を読みました。 長倉さんのこの本の前書、『移動力』にかなり影響を受けて自分が変わり始めたことをきっかけに長倉さんの本を全て読んでいます。 その流れでこの『ギグワーク』 …

【読書】『経営センスの論理』楠木建を読んで。「面白がる力」があれば大体の物事は上手くいく!

『経営センスの論理』を読みました。 リーダーとしてどうあるべきかを著者の目線で論理を指南している本です。 私はほとんど納得出来る内容でした。 特に最後に書かれている「面白がる力」については自分の人生を …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『タビトモ ホーチミン』JTBパグリッシングを読んで。1都市集中海外旅にはタビトモシリーズが特にオススメ!!

タビトモシリーズのホーチミンを読みました。 このシリーズの出会いはクアラルンプール。 初の子連れ家族旅で行ったマレーシア、たくさんの移動は出来ないと踏んで、クアラルンプール集中の旅を計画。 でも海外旅 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細