読書

【読書】『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』P.F.ドラッカーを読んで。

投稿日:2018年9月25日 更新日:

『【エッセンシャル版】マネジメント、基本と原則』を読みました。

この本を読んだきっかけは『もしドラ』を読んだ事です。

時代を全く感じさせない本質が書かれていてベストセラー納得の一冊です。

本棚に常備しておいて良い本だと思います。ただ読み方としては普通の読書として全体を読むのでは無く、参考書や辞典のようにその時々で必要な項目を読んだら良いと思います。

一冊を通しで読むには本質過ぎて一般的な会社員の私には難しくて集中力が続かず頭にはいらない。

ただ、その時々で悩める課題の答え、ヒントはほぼ間違いなく網羅されています。

全てを理解しようとせずに、自分のレベルにあった読み方、使い方をすればとても良本です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

【読書】『BtoBビジネスのデジタルマーケティング』中田義将(幻冬社)を読んで。これからの営業に必要、必須なことを学べます。今時、気合いと根性だけでは営業の生産性は上がらないです。

    気合いと根性。 数打ちゃ当たる的な営業。 そんな時代から、既に状況はかなり変わっています。 足で稼ぐ営業以外にも、営業の生産性を上げるには必要なことがあると気付かせてくれま …

【読書】『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読んで。子供が読むよりも子育てパパママが読む本。

『10歳までに身につけたい、子供が一生困らないお金のルール』三浦康司(青春出版社)を読みました。 子供達の将来のことを考えたら、お金の勉強も積極的にして欲しいなと思う今日この頃。 そんな時にこの本を見 …

【読書】『こころのえ?ほん、夢はどうしてかなわないの?』大野正人(汐文社)を読んで。大切なことを思い出しました!

娘が小学校の図書館から借りてきてくれる「こころのえ?ほん」シリーズ。 どれもやっぱりいいです。 子供が読んでもいいし、大人にも是非読んでもらいたい本。 例外なく、今回読んだ「夢はどうしてかなわないの? …

致知を読み始めてみて。様々な業界で生き抜いた賢人からの学びを得られ、価値観の幅が広がります。本を読むのとはまた違う価値があります。

仕事の関係でお世話になっている方からのすすめで読み始めた致知。 月刊誌ですが、かなりのボリューム、内容の濃さです。 サラッと雑誌のように読める程度かと思っていましたが、全部をしっかり読もうとすると軽め …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細