読書

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。

経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。
単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。

最大の経営資源「人」にフォーカスしたとても参考になる経営本です。
これってビジネス書で勉強しただけでは身に付かないものだと思います。

丹社長のような生い立ち、経験の実体験で身に付くもの。

だからって同じ経験を積めるかと言うとそうではありません、各自それぞれの人生を一生懸命に生きてこそ深みが出る、他の人には出来ない経営が出来るのだと思います。

しっかりと悩んで、苦労して、一生懸命生きてきた人は経験したことは違えど「人を大切にする」と言う本質は同じところに辿り着く。

どれだけ時代が進んでも、AIでは出来ないことがここには書かれています。
論理+人情、効率ばかり考えてしまう現代でこそ一読の価値があると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』冨山和彦を読んで。

『結果を出すリーダーはみな非常である(30代から鍛える意思決定力)』を読みました。 この本は会社のトップから頂きました。 社長から個人的に頂けるなんて有難い限りです。 内容はと言いますと、課長クラスの …

【読書】『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』三戸政和を読んで

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』を読みました。 金持ち父さんでも学んだ通り、株・不動産・ビジネスの3つが自分を経済的自由に導くために 必要だと常日頃考えてサラリーマンをやっており、 …

no image

【読書】インプットよりも、アウトプット!最近読書はお休み中です。

    平日は毎日本を読み漁っていましたが、一旦読書をお休みしています。 という理由は、インプット過多になっていると感じたからです。 本を読み漁って、沢山の気付きを得ることは大切で …

病気の原因は『感謝不足』。幸せとは手に入れるものでも、望むものでもなく、気づくもの。致知2019年6月号、河村武明さんの言葉。たくさんの人に是非読んで欲しい。

大先輩に勧めていただいた致知はとても為になる本でした。 人として成長するヒントがたくさんあります。 その中で今回気になったのが、34歳で脳梗塞を発症し、重度の障害になったという河村武明さんの記事。 平 …

【読書】『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読んで。文章を書くことの新たな教科書!!書くことの価値観が変わるおすすめ本!

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)を読みました。 文章をもっと上手く書きたい、書けるようになりたい!と思う方に是非一度読んでもらいたい本です。 著者は元電通社員、24年間コピー …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細