読書

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。

経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。
単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。

最大の経営資源「人」にフォーカスしたとても参考になる経営本です。
これってビジネス書で勉強しただけでは身に付かないものだと思います。

丹社長のような生い立ち、経験の実体験で身に付くもの。

だからって同じ経験を積めるかと言うとそうではありません、各自それぞれの人生を一生懸命に生きてこそ深みが出る、他の人には出来ない経営が出来るのだと思います。

しっかりと悩んで、苦労して、一生懸命生きてきた人は経験したことは違えど「人を大切にする」と言う本質は同じところに辿り着く。

どれだけ時代が進んでも、AIでは出来ないことがここには書かれています。
論理+人情、効率ばかり考えてしまう現代でこそ一読の価値があると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『新版 光明の生活法』谷口雅春(日本教文社)を読んで。父からの贈り物。

2003年12月23日、父が自分に送ってくれた本。 大切な部分にはマーカーで印が付いていました。 自分が生まれた年に独立して、子供3人を何不自由無く育ててくれた父。 とても厳しい父と思っていましたが、 …

【読書】『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読んで。書くことに興味がある人必読!!繰り返し読み込むライティングの教科書!

『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読みました。 読んだキッカケは文章が少しでも上手に書けるようになりたいと思ってネットを検索して見つけました。 著者は書くことを職業としている …

【読書】『イシューからはじめよ(知的生産の「シンプルな本質」)』安宅和人を読みました。問題を解決する前に、解決すべき問題を見極める!

『イシューからはじめよ(知的生産の「シンプルな本質」)』を読みました。 35歳くらいの現場営業経験しかない時に読みましたが、その時は正直全く意味が分からなかったです。 言わんとしていることは分かるので …

【読書】『スタンフォード式、最高の睡眠』西野精治を読んで。やっぱり睡眠は大切!1日の使い方で最優先すべき事だと認識した方が良い!!寝てない=頑張ってる。というか感覚はもう古過ぎる!!

『スタンフォード式、最高の睡眠』西野精治を読みました。 この本より後に出版されたスタンフォード式、疲れない体を読んで良かったのでこの本も読んでみました。 読んだ率直な感想は実践的に出来ることはそんなに …

【読書】致知4月号を読んで。仕事にも家庭にも『人間力』が全ての基盤。

致知の年間購読を始めて早1年。 毎月感じます、人間力の大切さ。 それとともについつい忘れがちな人間力の大切さ。 効率、効率、結果、結果、と仕事も家庭も考えてしまいがちですが、全て上手く行くためには基盤 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細