読書

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。

経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。
単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。

最大の経営資源「人」にフォーカスしたとても参考になる経営本です。
これってビジネス書で勉強しただけでは身に付かないものだと思います。

丹社長のような生い立ち、経験の実体験で身に付くもの。

だからって同じ経験を積めるかと言うとそうではありません、各自それぞれの人生を一生懸命に生きてこそ深みが出る、他の人には出来ない経営が出来るのだと思います。

しっかりと悩んで、苦労して、一生懸命生きてきた人は経験したことは違えど「人を大切にする」と言う本質は同じところに辿り着く。

どれだけ時代が進んでも、AIでは出来ないことがここには書かれています。
論理+人情、効率ばかり考えてしまう現代でこそ一読の価値があると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『英語の多動力』堀江貴文を読んで

『英語の多動力』を読みました。 この本は気になっていたので一度本屋で立ち読みしてみようと思っていました。 本屋で探しましたがなかなか見つからない。。。 いつものビジネス関係、その周辺にない。 結局、語 …

【読書】『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読んで。稼ぐためにはここまでやるかぁ、ってくらいの習慣に納得します。美容師から経営者、名プレイヤーから名マネージャーになる必要がある。美容室「EARTH」。

    『年収1億円になる人の習慣』アースホールディングス 山下誠司(ダイヤモンド社)を読みました。 これだけやれば年収1億円になるんだろうなぁ、って納得します。 逆の言い方をすれ …

【読書】『琥珀の夢(上下巻)』伊集院静を読んで。小説、鳥井信治郎。サントリーのルーツって凄い!

『琥珀の夢(上下巻)』を読みました。 サントリー創業のルーツが知れる本です。 サントリーという日本が誇れる素晴らしいグローバル企業を一人の男が作ったかと思うと凄いの一言です。 鳥井信治郎の「やってみな …

【読書】『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』中村恒子を読んで。

『(心に折り合いをつけて)うまいことやる習慣』を読みました。 89歳、精神科医の仕事を初めて70年近くになる方の本です。 会社、家庭、それぞれ色々な仕事・役割に疲れたときに手に取ると良い本です。 流石 …

【読書】『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』福島文二郎を読んで。

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』を読みました。 『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』とセットで読みましたが、 ディズニー本の方がもっと細かく具体的、リアルな …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細