読書

【読書】『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』丹道夫を読んで。

投稿日:2018年9月30日 更新日:

『「富士そば」はなぜアルバイトにボーナスを出すのか』を読みました。

経営、リーダーに必要な「人情」が書かれています。
単なる「人情」では無く、しっかりした経営論理があっての必要な「人情」です。

最大の経営資源「人」にフォーカスしたとても参考になる経営本です。
これってビジネス書で勉強しただけでは身に付かないものだと思います。

丹社長のような生い立ち、経験の実体験で身に付くもの。

だからって同じ経験を積めるかと言うとそうではありません、各自それぞれの人生を一生懸命に生きてこそ深みが出る、他の人には出来ない経営が出来るのだと思います。

しっかりと悩んで、苦労して、一生懸命生きてきた人は経験したことは違えど「人を大切にする」と言う本質は同じところに辿り着く。

どれだけ時代が進んでも、AIでは出来ないことがここには書かれています。
論理+人情、効率ばかり考えてしまう現代でこそ一読の価値があると思います。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

致知9月号、月一冊の学び。

致知を年間購読し始めて数ヶ月、9月号が来ました。 自分で取得する情報は、自分が既に持っている価値観が軸になっているので、新しい気付きが広がりにくいです。 そんな時、この致知を読む事で、新しい情報が入っ …

【読書】『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読んで。女性向きの本ですが男性にもヒントになります。料理のしない人はレシピは飛ばしちゃいますが。。。食事は大切。

『老けないカラダを作るファビュラスな食事法』ケリー・レヴィく(訳:小坂恵理)を読みました。 比較的分厚い本で女性向きな内容ですが、男性にも健康へのヒントがあります。 ただ、読んだ率直な感想としては前置 …

【読書】『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』金城幸政を読んで

『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』を読みました。 これは今年読んだ中でも良かったので繰り返し読みましたし、インパクトのあるタイトルですし、読み易い文章なので奥様も読んでいました。 多少極 …

【読書】『残業の9割はいらない、ヤフーが実践する幸せな働き方』本間浩輔を読んで

『残業の9割はいらない、ヤフーが実践する幸せな働き方』を読みました。 将来の働き方についてとても参考になります。 今では流行語のように働き方改革と良く耳にしますが、その本当の意味・目的は? 本当にその …

【読書】『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』佐光紀子を読んで。

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』を読みました。 高度経済成長期で出来上がった女性に対する偏った常識に対して問題提起する内容です。 男性も読んで女性へ求める価値観を多様化し、許容範囲を広げることも必要 …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細