読書

【読書】『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読んで。ビートたけしさんはやっぱり動きがある方が良いです。違う意味でさみしい感じがしました。ひょうきん族とか懐かしいなぁ、昔の番組をまた見たくなる。

投稿日:2018年12月21日 更新日:

 

 

『「さみしさ」の研究』ビートたけし(小学館新書)を読みました。

子供の頃からテレビでよく見ていて、とても好きなビートたけしさん。

『オレたちひょうきん族』、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』、『風雲!たけし城』、『ビートたけしのスポーツ大将』、『スーパージョッキー』、『たけし・逸見の平成教育委員会』などなど、数え切れないくらいの名番組を作って、それを見て育ちました。

そんなビートたけしさんの書いた『本』は初めて読みました。

正直な感想は、やっぱり動きのあるビートたけしさんの方が面白い。

今まで他に書いた本を読んでいないので、この本だけの印象ですが、本という活字だけではビートたけしさんの良さが伝わり切らず、違う意味でさみしい感じがしました。

社会風刺、毒舌の微妙なニュアンスが文字だけだと、何となくただの文句っぽくネガティブに感じてしまいました。

この表現方法と目や耳で感じる動きが合わさってバランスの取れる面白さなんだと思います。

内容としては話題になった事務所独立問題やらを詳しく正直に色々書かれています。

そして古き良き時代の豪快さを感じることが出来ます。

テレビ、ラジオ、映画と動きのあるビートたけしさんをイメージして読むと、ちょっとギャップを感じてしまう本です。

新たな価値観を学ぼうという目的よりも、古き良き時代を豪快に生きた人の考え方を知り、今の時代の新たな考え方との比較を感じるには良い本だと思います。

テレビなどメディアの規制がまだ厳しくない頃の番組を懐かしんで、また見てみたくなります。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』岩崎夏海を読んで。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みました。 この本は純粋に『感動』します。 物語になっているので素直にストーリーへ引き込まれます。 後半部分は何度読んでも …

【読書】『漫画、君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)吉野源三郎を読んで。子供が学校から借りて来ましたが、大人にも読んでもらいたい本でした。

『漫画、君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)吉野源三郎を読みました。 小学生の息子が学校から借りて来て、夏休みに読んでいましたが、途中で断念していました。 よく本屋さんで見かけた有名な本だったので …

【読書】『やりたいことを全部やる!時間術』臼井由妃を読んで。魔法の言葉「かきくけこ」を意識してみよう!

『やりたいことを全部やる!時間術』を読みました。 人生を豊かに生きるために平等に持っている資産である『時間』をどう使うか?が書かれている本です。 使い方で人の生き方を大きく変える『時間』と『お金』。 …

【読書】『できる男は超少食、空腹こそ活力の源!』船瀬俊介(主婦の友社)を読んで。毎日をもっと健康的に充実させたい人に必見。早速影響を受けて1日2食の半断食、快調な気がします。

    『できる男は超少食、空腹こそ活力の源!』船瀬俊介(主婦の友社)を読みました。 1日をもっと充実させるために、どうしたら良いか? 健康こそ全ての基本。 そんなことで、最近健康 …

致知7月号が届きました、読み始めて3ヶ月。毎月いい言葉があります。

人からの勧めで読み始めた致知。 年間購読を申し込んでから3ヶ月目。 思ったよりも中身は濃く、読み応えのある内容と文字のボリュームです。 人間力を上げるためにとても参考になっています。 本だとどうしても …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細