読書

【読書】『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志を読んで。

投稿日:2018年8月2日 更新日:

立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読んだ次の日にMacbookを買って、書いてある通りにブログを始めました。

何かしらの理由で『今の自分を変えたい』、『このまま何も行動しないのはいけない』などとモヤモヤしている人には一読する価値はあると思います。

単なるお金儲け本でもなく、根本的な考え方として行動を起こすヒントに私はなりました。

過去に雑誌でちょっと知っただけのアフェリエイトで小遣い稼ぎをしたいと安易な気持ちでブログを始めましたが、1ヶ月も続かず断念。

なのにこの本を読んでチャレンジしてみようと思いました。

なぜやってみようかと思ったかと言うとブログを始める動機が全く違いました。他にも様々な自己啓発本や、お金に関する本を読みましたが考え方+具体的な体験談が時系列に書かれていて参考になりました。

IT関係は特に不得意な分野だけれども自分の将来のため(お金だけではなく)、自分らしさを知るためのツールとして新しい領域に関心が持てました。

一般的な会社員生活を続けているといつの間にか本当に自分が『好き』なことがぼやけてくる気がする。

だからこそ自分の情報をどんどん発信して自分の『好き』に自分でしっかり気付くことが人として豊かな生活への健全な道かなと思いました。

アラフォーの私にはちょうど参考になりました。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読んで。書くことに興味がある人必読!!繰り返し読み込むライティングの教科書!

『20歳の自分に読ませたい文章講義』古賀史健(星海社新書)を読みました。 読んだキッカケは文章が少しでも上手に書けるようになりたいと思ってネットを検索して見つけました。 著者は書くことを職業としている …

【読書】『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読んで。天才編集者の革命的仕事術。思った以上に面白い、若い人が圧倒的な熱量で新しい日本の価値観を作り始めている!

    『死ぬこと以外かすり傷』幻冬舎 編集者 箕輪厚介(マガジンハウス)を読みました。 本のタイトルで勝手にネガティブなことも書かれた本かと思い込んで、何処の本屋でもよく見かけま …

【読書】『英語の多動力』堀江貴文を読んで

『英語の多動力』を読みました。 この本は気になっていたので一度本屋で立ち読みしてみようと思っていました。 本屋で探しましたがなかなか見つからない。。。 いつものビジネス関係、その周辺にない。 結局、語 …

【読書】『仕事の技法』田坂広志(講談社現代新書)を読んで。言葉にしにくい大切なことを分かりやすく噛み砕いた良書。

テーマは『言葉以外のメッセージ』を感じ取ること。 この一つの技法を身につけるだけで『仕事力』は圧倒的に高まる。 『仕事の技法』、この本は思ったよりも固くない、具体的なシーンを多用して、とても分かりやす …

【読書】『リッツ・カールトンが大切にする、サービスを超える瞬間』高野登を読んで

『リッツ・カールトンが大切にする、サービスを超える瞬間』を読みました。 ホスピタリティ、感動、とホテル業界で無くても人として大切なヒントが参考になりました。 従業員も「お客様」のに扱われることなんてな …

翻訳

おじさんの平和な日々の記録。

プロフィール詳細